エントリー

2012年06月の記事は以下のとおりです。

6月も終わり。

  • 2012/06/30 23:24

ファイル 5269-1.jpg

ジメジメムシムシの今日、今夏一番の暑さでした(>_<)

そして…また、1ヶ月が過ぎ去りました。

2012年の半分が終わりました。

後半戦に入ります。

梅雨明けと真夏も目前です。

そして、今日で焼肉店からレバ刺しが姿を消します。

僕には相変わらず、色んなネタが日々、耳に入ってきます(苦笑)。

元「涼山泊」の温泉プロジェクトも、すったもんだの末……詐欺ファンド会社や、極悪人・○ルコのT橋の手から離れ…競売取得した新オーナーによって動き出してます。どう立ち上がるでしょう?

他には、百貨店での催事や'橋渡し,プロジェクトも。

一方、他では相変わらず…ボクにお金を支払わない悪いヤツもいて、ストレスです。これが解消されれば、とばっちりの負債も消えるんですが(苦笑)

まぁ、そんな事より…面白いネタ話の方が沢山ありますが♪

黒くネガティブな感情を抱いたりするその"暗い時"は、夜明けの光明に近い時なんだとも思います。

明日には明日の風も吹く。

こんな感じで…喜怒哀楽、日々強く生きています(^^)

お疲れ!

  • 2012/06/30 23:22

今も続く不思議な縁で、大学生時代からの最も古い〜旧友女子の、【ロクシ○ン】某店・店長が10年の勤務を終え…今日付けで退職しました。

本当、男勝りな仕事の出来るセンスと優秀さで、一目置かれる程〜会社に計り知れない多大なる貢献をしてきました。ロクシ○ンの福岡地区躍進は彼女との歩みとも言えるでしょう。

凄まじい売上を叩き出してきました。

僕が、女性でここ数年…現場での仕事ぶりに感銘を受けた人は、僅かだったりします。

博多大丸「梅の○」店長、某整骨院・院長です。

尊敬に値する真摯な姿勢も。

【ロクシ○ン】店長を卒業し〜今後は海外で、夢を追うそうです。

その心意気と意気込みもアッパレです。

ただ…唯一、気掛かりなのは、オトコの趣味が微妙…と言うか、悪い(苦笑)

ルックスはそこそこで、悪くないのに、何故か………

今度はバツがつかないようにな(笑)

何も深い関係もないのに(笑)、一番、ボクの事を知ってて、意見してくるお節介さも人間味溢れるヤツでした(^^)

お疲れさん!

お前なら必ずやれる、頑張れよ!

また会おう!(^^)

今回の買い物。

  • 2012/06/30 23:20

ファイル 5268-1.jpgファイル 5268-2.jpgファイル 5268-3.jpgファイル 5268-4.jpgファイル 5268-5.jpg

《3枚!のジレ(ベスト)》

先だって、広島で見て…即決した【ニール バレット】のジレをようやく、TOKYOと大阪で同型別物2種をゲットしました♪

直営orオンリーショップとセレクトショップとのチカラ関係上?、広島店での取り寄せは叶いませんでした。

2枚仕立てのレイヤードタイプで、その内…1つがストライプの濃紺。(44)サイズが日本在庫・残×1のみで、既に取り置きがかけられていた為、半分諦めモードでキャンセル待ちしていたら、それが流れてきました♪

ラッキーもラッキー☆

こういう時って、気分が高揚します(^^)

その勢いで?もう1枚、全く同型でオールブラックの異素材2枚仕立てジレも(44)サイズを何とか探してもらいゲットしました。

これもかなりイケてます☆

更にもう1枚…別タイプの少し控え目?なデザインのレザーの切り返しのジレも買いました。

裾から上がるカットがゆるく〜イメージがまた違います。

計3枚!(@_@)もの一気買いしてしまいました。

ありとあらゆる〜色んなブランドのジレを見てきましたが…【ニール バレット】の、このレイヤード2枚仕立てのシリーズは、僕的にどのブランドとも比べてもNo1で異論ありません。

ベスト単体での気品高い存在感あるモノって…以外とありません。その点では【ニール バレット】は、イギリスで3代にわたってテーラーを営む家庭に生まれただけに生粋のトラッドスタイルを熟知しているデザイナーでもあり〜GUCCIやPRADAでの経験によって活かされた極上のモードセンスに、クラッシックなテーラリング技術や感性を巧みに融合させてます。それでもってニールらしい個性的なディテールも存分に味わえます。アウターとしてのパフォーマンスにも極めて優れています☆☆☆

最高質のプロダクツです。

ただ、プライスは恐ろしく(@_@)……ノーコメントで(苦笑)

まぁでも〜福岡では、ほとんど着てる人もいない事ですし(^^)

デニム+白シャツなどで合わせ〜クールに着こなしたいです♪

やっぱり、こういう服が似合う男になりたいと思わせる魅力を秘めたブランドとクオリティです♪

音楽業界も激変。

  • 2012/06/29 23:50

ファイル 5266-1.jpgファイル 5266-2.jpg

先週の鹿児島を折り返しに〜目下、北上しながら四国に上陸中の長渕 剛・ホールツアー'2012。

そしてこの度、8月15日(お盆)に被災地・仙台で行われるファイナル公演が、大々的に全国の映画館163ヶ所!!にて生中継で上映される事になりました♪

福岡地区は「天神・トーホーシネマ」「博多駅・Tジョイ」や、粕屋・筑紫野などで上映されます。

チケットは大人:3500円。学生:1500円。

日本だけでなく…アジア圏(台湾や香港)でも、上映されるそうで…長渕の意気込みを感じる今回の「LIVE CINEMA」。

いわゆる、"パブリックビューイング"とも言いますが…最近、人気アーティストがよくやっていますね。

長渕LIVEの生中継上映は、2004年の「桜島オールナイトコンサート前夜祭ライブ」以来、8年ぶりです。

あの時、福岡は[ZEPP]でした。

ただ…この手の上映は、列記としたLIVEを目の当たりにする訳ですが、いかんせん実際の会場ではないので、臨場感(リアリティ)に違和感ありありで(^^;)、会場の人たちも微妙なテンションで(苦笑)、戸惑いまくりのハズです(^^;)

僕も同様です(--;)

それでも、今回のホールツアーがなかった福岡で、これが見れるのはファンにとっては願ったり叶ったりでしょう♪ しかも、ファイナル公演ですし…僕も、仙台まで行かずに、これで見るという選択肢も出来ました(^^)

便利な時代になりましたねぇ。

ただ…思います。世の中、ダウンロード主流でCDが売れなくなり続ける時代であり、アーティストはLIVEでの集客収益にも頼らざるを得なくなった時代にあって、今後この手の手法は更に増えてくるでしょう。

長渕クラスになれば、集客力は充分で〜下手すれば、莫大なビジネススキームとなり得る可能性もあります。

映画館が完全にLIVE会場化するという事です。

いずれ〜携帯やスマホでも見れるようになる?(問題もありますが)なんて事もあるでしょう。そうすれば…コストも削減でき、請求は携帯会社に支払うようになり、スムーズに済む。

しかし、そうなると…長渕のように毎ツアー事に、LIVE・DVDをリリースするアーティストはDVDが売れなくなったり、高いチケット代を払う、生の本物LIVEを見なくなる人も増える事も容易に想像できます。

映画館などで観るLIVE上映が、DVDや本物のLIVEの代わりになるという代償も含むという事です。

レコード店・CDショップも逆風吹きすさんでいます。

音楽業界も巡るめく、激変していきます。

いずれにせよ、逆らえない〜時代の流れの中で、取捨選択しなから…犠牲を払うモノが常にあるという事でしょう。

スパイスロード。

  • 2012/06/29 23:49

ファイル 5265-1.jpgファイル 5265-2.jpg

高砂の路地裏にひっそりと姿を見せる、何屋さんかわからないピンク色の建物があります。

実はこのお店、知る人ぞ知る…本格カレー店【スパイスロード】です。

カレー好きな方には、外せない1軒です。

メニューは、お店側のラインナップにより変わります。

パンチ充分で複雑な深味があり、忘れがたい味です。

わかりにくい場所ですが、オススメです。

ご馳走さまでした(^^)

食べ納め!〜レバ刺し。

  • 2012/06/28 23:50

ファイル 5264-1.jpgファイル 5264-2.jpg

焼き肉ファンの思いを無情にも断ち切るように、遂にこの島国から[レバ刺し]が消えてしまいます。

ユッケに続き〜レバ刺しまで。

勘弁してほしい。もうちょっと…どうにかならないものか! 島国国家よ!

そんな中、一足早く〜西中洲【玄風館・しょう】にて、極上悶絶コースに相まって、レバ刺しの食べ納めをしてきました。

店内には、やはり…レバ刺しを名残惜しむお客様が多くいらっしゃいます。

ファンにとっては、悲しくも寂しい限りです。

人災・天災による焼肉業界への"テロ"が、もうこれ以上起こらない事を願うばかりです。

レバ刺しにも礼! ご馳走さまでした。

消費税。

  • 2012/06/28 23:49

ファイル 5263-1.jpg

遂にくるべくして、きてしまいました。

これから先、飲食業界も更なる厳しい局面に立たされる事でしょう。

5%の増税は、あまりに大きい。

5%の利益なんてお店も、ざらにある御時世と飲食業界。

これを凌ぐ為に、何を犠牲にして、何を削らなければならないのか?

そんな攻防が避けて通れなくなります。

単純に言うと…飲食店のパフォーマンスが低下する可能性も当然、懸念されます。

サービスに力を入れ、原価率が高い、本物や一流店の多くが厳しい局面を迎えるのではないでしょうか?

コスパの良い、居酒屋なども維持しにくくなるんではないでしょうか?

一方で、残り続けるのは、そうでないお店?……

「消費税10%」

よりシビアな経営論と才覚を強いられる事は必至です。

あまりにハードルの高い法案と言えます。

今回の買い物。

  • 2012/06/28 23:48

ファイル 5262-1.jpgファイル 5262-2.jpgファイル 5262-3.jpg

バッグもファッションには欠かせないマストでアイコン。昨今の多様化するトレンドファッションに合わせるかのように、無数無限のデザインや型が有名無名ブランドから生まれています。

僕はバッグに関しては、極力〜ファッションの幅の広さ(ハード〜ナチュラルまで)に受け応えれるデザインや素材感を重視したりします。はたまた個性強めや魅力的なバッグには、服を合わせるようにと…。そういう意味では、[革×布]という素材の組み合わせが僕好みでもあります♪

バッグって…、服の有名ブランドが作ったかって〜必ずしも良いと思ったりもしませんし… むしろ、バッグメインのブランドの方が機能性やデザインに長けてたりします。

そんな中…最近見つけて、衝動買した程、気に入った【L.E.D.B〜】という新しい?ジャパニーズブランドの2012年新作モデルは、僕的にかなりイケてます☆

全4型のデザインがある中から最初にゲットしたのは……

本場?倉敷産・濃紺デニムをあしらったボディに「riri」+自社製オリジナルファスナーを用いたトート型です。牛のブラックレザーをコンビネーションし〜ハードかつ洗練さも兼ね備えた逸品と言えます。底には裏返しデニムでパターン変えまでしています。ウォッシュ+リーミングでエイジングをも施し、汚れ加工の仕上げディテールのエッセンスも心憎いです。見れば見るほど、触れれば触れるほど、高品質さを感じられ、日本らしい?無骨さも漂います。

内側の仕上げも高級ブランド顔負けの風格です。

これなら、「ニールバレット」のレザーなど他とも釣り合いそうです☆

ちなみに…同型デザインで型違い(肩下げのボンサック)もあり、それも欲しかったりする位です(^^)

この【L.E.D.B〜】は、まだあまり知られておらず…文字通り〜知る人ぞ知るブランドです。持っている人もほとんどいない位の少量生産で、福岡にもない位です。プライシングの対価価値充分です。

と言う〜僕ですが、服やデニム同様…買ったはいいが、1回も使用していない、バッグもあったりします(^^;)

これは、早々に使いたいと思います☆

2日目!長渕剛・鹿児島LIVE

  • 2012/06/27 19:16

ファイル 5261-1.jpgファイル 5261-2.jpgファイル 5261-3.jpg

長渕 剛〜[ホールツアー'2012・RUN FOR TOMORROW]鹿児島・2日目にして、今回のホールツアー九州地区ラスト公演。

会場口には、お馴染みの大型機材車がドッシリと停まっています。ホールツアーとは言え…このサイズ7台を要して、全国を回っているのです。スケール感が容易に想像つきます。

実は今回の全国ツアー、ステージを設営しているのが福岡の会社でして…頭として采配を振るっているのが僕の知人の方で、久しぶりに去年の会食以来の再会をしました(^^)。

ホールツアーが終わったら、福岡でツアー総括の話でもしながら会食する事を楽しみにしてます♪

9月、福岡からのギター1本センターステージ・アリーナツアーもこの方が同じ様に取り仕切るそうです。

さて、そんな〜2日目も昨日以上の熱を持って、開演前から何度となく、最前列から人波のウェーブが後方まで押し寄せる。剛コールも昨夜以上に高らかに轟きながら、オープニングの幕が切って落とされた。

鹿児島市民文化ホール。僅か、2000席にも満たない小サイズキャパでの高揚感もスペシャル感も充分。

今日も同衣装ながら、デニムのみダメージのブルーウォッシュに履き替えた、絶好調の長渕が1曲目からグイグイ全開で、一体感をもって〜引き込んでいきながら、会場は熱狂の坩堝と化す。今日ものっけから凄まじい迫力と演奏力である。「日本に生まれた」というこの歌は、険しい表情で歌うんですが…映し出されたスクリーンの長渕の表情が一瞬だけ笑った。会場の雰囲気にご満悦なんだろう。

とにかく、55歳には到底見えない、心・技・体を兼ね備えたこの男…まだまだ底知れぬパワーを感じさせる。

今回のツアーは、内部スタッフが「ヤバくないですか!?(^^)」と言う位、上々の完成度だそうです。

キッチリ〜骨格ある、1本のブレない流れがキレイに形成されている。

バンドスタイルで名テクニシャンのエレキにも負けない長渕アコースティックは、1本での弾き語りでも、幻想的ですらある世界観を一瞬にして作り出す。

1曲1曲が短編ドラマかの如く。

アーティスト誰しもが、飾り〜小綺麗にしようと…詩も言葉も耳障りの良いBGMとダウンロードの時代に、長渕は今なお温故知新を持って、ストレートな言葉(言霊)や詩、メロディーを研磨し続けている。

「SUCCESS」は、何度聴いても心魂揺さぶられる、長渕ロックのド真ん中ソング♪ アレンジも長めに昨夜とは変えてきた。

"LIVEは生物"

"曲は生き物"

であるという事をステージで体現し続けている。

今日は他の曲もアレンジを施した曲がありましたが……多少、くどいと思う事も(苦笑)

途中、MCでは今でも折々に出る?という、鹿児島弁丸出しで、昔から今の話を交え〜会場を笑いの渦に(^^)

「東京でTVに出る時、いつもねぇ、心の中で、「こげん奴(TV曲の人間?)に負けてたまっか!」と思ってるんだよ(笑)」

などと(笑)。

そして場面は変わり、長渕は静かにとつとつと語り始めた。

去年、被災地から子供20人位を霧島隼人に招待し、元気と勇気を出してもらおうと、1週間を共に過ごした話を。

山や海、川で一緒に、釣りやボート、スポーツや食事をしながら…最後の夜に、チビッコの前で沢山の歌を歌っていたその時、そこで一同みんなが一斉に泣き出したそうです。こらえていた、我慢していた何かが溢れ出てきたんだろうと……

それでも歌い、励まし続けた。

翌日、別れの日、見送る長渕の前に列を成すチビッコが1人づつバスに乗り込んでいく。すると、その内の3、4人がトコトコと長渕の元へ駆け寄ってきて、抱き付いてきたそうです。長渕は言ったそうです。

「大丈夫だ。今度はオレがお前のふるさとに行くから」 と。

そして、今年2月25日、長渕はその約束を果たしに福島県浪江町へ出向いた。放射能に恐怖感を抱きながら〜防護服に身を包み、目の当たりにした、横たわる風景や街並みは散々たるものだった。

震災と原発により、悲劇の舞台となった街を前に、長渕はいくつもの歌と曲を書き作った。そして世に歌い放った。

瓦礫の中、風に揺られる「2匹の鯉のぼり」。子供たちへ連綿と歌い継がれ…伝わってほしいと願う、「ガーベラ」。

「カモメ」では、東北だけでなく、鹿児島・川内原発の事にまで及んだ。そこの放射能廃棄物が、豊かな自然に囲まれた鹿児島のどこかの山に人知れず、こそっと埋められ…その汚染が進行していると。

わかってほしい……原発はエネルギーではなく、お金だと。

歌の中で、精根込めて…「原発さえ、なければーーーっ!」とシャウトした。

この歌が持つ意味も意義も、今ツアーで昇華した。

昨夜と同じく進むセットリストでしたが、本編ラストに遂にやってくれた、「桜島」! この曲は、2003年の発表後から〜ほぼ、全ツアーで演奏されてきた"鹿児島ソング"。今回のツアーでは、ここまで御披露目なく、しかも地元公演でありながら…鹿児島ゆかりの歌(気張いやんせ・いつかの少年、などなど)が1曲もない事に一抹の寂しさもありましたが、これで吹っ切れました♪

やっぱりコレだ!雲に隠れた今日の桜島を呼び覚まさんと〜会場も大噴火!

この歌で長渕がいつも叫ぶ、[オレとお前の歌だぁーーーっ!!!]が心にザックリ突き刺さってきて、たまらない♪

しかも「桜島」は、近年のアップテンポ気味のアレンジから、今日は原曲に近いヴァージョンで最高でした。

長渕が前半のMCで言っていましたが…「今日は桜島は雲に隠れて見えなかったけど、途中、雲の隙間から陽が差しててねぇ(^^)」と。

おそらく、そんな思いから今日の「桜島」になったんでしょう。長渕にはそんな衝動があるのを知っています。

その昔、僕が長渕にLIVE前に「JAPAN」というアルバムジャケットにサインを貰った時、その日だけ…そのアルバムの中から「シリアス」という曲を演奏してくれたりした事もありました♪ 勝手な想像ですが(笑)

今日の長渕は、僕から見ても実にいい表情と笑顔をしていた。

本編ラスト「桜島」から、アンコールの「乾杯」へと続き……ラストは「勇次」という珍しい?フィニッシュでした。

会場では、まだまだ剛コールの余韻が残る。

今ツアー最長の2時間52分のLIVE。

鹿児島での長渕のLIVEは、紛れもなく"祭り"そのものです。

長渕が今日言った、「前へ前へ、明日を信じて行こうよ!」を心に…帰路につく。
さて、残りのホールツアーの変貌をチェックしながら…ファイナルの仙台を検討しようかなぁ。

それを飛ばせば…次は、いよいよ9月の福岡・マリンメッセから幕切りのギター1本のセンターステージ公演となる。

音楽そのもの可能性やスケールを拓き続ける長渕は、どこまで走り続けていくのか…まだまだ期待が膨らむ。

"偉大なる音楽家"の行く道に乾杯である。

鹿児島・雑感。

  • 2012/06/27 09:18

ファイル 5257-1.jpgファイル 5257-2.jpgファイル 5257-3.jpgファイル 5257-4.jpgファイル 5257-5.jpg

今回の鹿児島は、僕にとって…洗心の一時でもありました。街で知り合いに会う事もなく、たおやかに過ごせました(^^)

人生は心から旅をする分、また成長します。

帰福して、仕事にまた精を出し〜頑張ります!

ありがとう鹿児島! 色んな思いが駆けます。

残念な心残りは…【すし匠・のむら】とイタリアン【カイノヤ】が休みと予約が合わず、行けなかった事です。

他の余談?雑感です(笑)

●やはり…来てしまいました(苦笑)、【海乃屋】へ。後から後から、長渕ファンが入店して来ます(^^;)

●天文館の週末は、福岡より活気を感じる位、薩摩っ子でごった返しています。

●今回の長渕ツアーには、総合格闘家・三崎和雄もパーソナルトレーナーとして帯同してるそうです。グッズのモデル起用にまで抜擢?利用?されてます(^^;)

ページ移動

ユーティリティ

2012年06月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着画像

新着エントリー

大阪〜2日目。
2014/11/11 23:59
千葉・船橋へ!
2014/11/11 23:57
TOKYO入り〜
2014/11/11 23:55
週明け〜出張へ。
2014/11/10 23:57
20年以上ぶりの神座。
2014/11/10 23:56

Feed