エントリー

2011年05月08日の記事は以下のとおりです。

浜田省吾 LIVE!

  • 2011/05/08 23:49

ファイル 3676-1.jpgファイル 3676-2.jpgファイル 3676-3.jpgファイル 3676-4.jpgファイル 3676-5.jpg

「J.BOY SHOW ME YOUR WAY」

遂に?この日がやってきました。

禁断とも言える(笑)…長渕 剛 と 中島みゆき 以外の日本人アーティストのLIVE♪

その掟破りとも言えるそのアーティストこそ〜浜田省吾です。

社会に身を置き、立場が出来…仕事に追われ〜趣味や息抜き・和みなど、成り果ては遊び心まで忘れ去ってしまうんではないかと、ふと悲観してしまう昨今、僕だけではないと思いますが、年々…自分のライフスタイルや趣味がローテーション化しマンネリ化しがちです。自らの意志で、知らない場所やお店に足を向けたり〜新たな価値観を知ろうとしなくなったりもしがちです。

そんな事まで思いながらの浜省のLIVE♪

まぁ〜いつか…一度は、生でLIVEを観ていいかなぁ。。。と思っていましたから。

縁起でもなく不謹慎極まりない話ですが…長渕 剛も中島みゆきも、浜省なども〜それなりの歳でありまして、いつ何かやらの不幸事が訪れるかもしれません。今のウチに体験出来るモノはしておかないとですね。

このクラスは、必ず"伝説のアーティスト"として…後世に語り継がれもしますから♪

思えば…尾崎 豊も観れたのに観なかった高校生時代があったりしますから。

そんな今日……

【玄風館】3店舗+博多駅物販店(2ヶ所)を展開する〜尾崎 豊'派のK社長と、長渕 剛'派の僕が2人で行くという…何とも形容し難いテンションとシチュエーションが実現してしまいました(苦笑)

決して交わらない相譲らぬモノが浜省を起点に、クロスオーバーするかのようです(笑)。

会場入り口で、今回の話題ネタ?の、その場でわかる座席指定を知ります。

見渡す場内は、ビッシリと超満員に埋め尽くされています。改めて〜浜省の求心力に驚きます。

今回のLIVE、通常のステージとセンターステージの2舞台構成です。

16時35分:場内が暗がり…荘厳なSEが、深海の中〜ドクドクと心臓の鼓動を思わせる。

グリーン・赤紫・ミッドナイトブルーの交差する光が客席を這い流れる。

ステージ前方のデジタルスクリーンがゆっくりと上がり〜オープニング♪

そこにエレキギターを肩からかけた浜省が立っている。

セクシーなライティングの中、[オン ザ ロード]で幕開け♪

程良い荒涼感のある、浜省の声が場内を支配してゆく。

演奏は、ソツなくコンパクトにまとまっている。

曲を聴きながら思ったのは、時に…時代感、政治から〜自身の生活感まで汲み、生まれた、リアルな感情と情景に誘うドキュメントソングであるという事。

地方都市で生まれ育った浜省が、苦渋の幼少期からを労働者目線で…それを普遍歌へと昇華させていった紆余曲折のプロセスに、ファンは同じ歩みを感じるのであろう。

浜省は今でも地方に生きる老若男女にも視線を投げ続け、自分自身を投影しているからでもあろう。

泡立つ時代の金銭至上主義に警笛を鳴らした[MONEY]も、日本のロックンロールシーンに浜省が残した、当時は画期的テーマの1曲であろう。

夢や理想に程遠く〜届かず…たとえ掴めなかったとしても、挫折も絶望も失望も悲しみも打ち砕き〜乗り越え〜立ち上がり〜駆け抜け〜日々の日常から逃げ出さずに、生きてゆく者たちへの止まぬエールと人生讃歌を皆が口ずさむ。

孤独を受け止める強さを生む。

そんな[J.BOY]が、確かに僕の心にも届いた。映し出された[J.BOY]のジャケット。この時〜浜省は33歳。これをバックに、この曲の生い立ち〜今の日本の現状までを語り…イントロがフルヴォリームになった瞬間から、不覚にも目頭が熱くなった(涙)

周りを見れば…多くの人も同様。

間違いなく〜この日のハイライトであった。

日本何処、場所も関係なく〜日々の日常を当たり前に生きている人の等身大にある、浜省の歌という光を人々は掴む。

その光は…勝利でもなければ〜成功でもない。

時に傷つき〜疲れ果て…時に喜び〜澄み渡る心のような…様々な人生の圧倒的現実の傍らに、いつも横たわっている縁結びのようですらある。

動かざる山の如し…屈強な不変のスタイルを貫徹し〜装飾・着飾りも必要としない浜省。

ブルーススプリングスティーンのイメージが垣間見えたのはご愛嬌か?(笑)

ふと思ったが…長渕や浜省、尾崎豊の歌に共通するのは…………

[不変の永遠たる少年性]

でもあろう。思春期や青春時代に、淡い恋のときめきや、社会への反逆、憤り。もがき苦しみながらも、大小の覚悟を背負い、前へと突き進む者たちを鼓舞させ、確かな記憶の残像と〜時代と人生の節々に世相を写し、世相に写される餞別の歌とも言える。

いつだって鋭利かつ純粋無垢でストレートである。

浜省に関しては、これといったヒット曲もないに等しく…TVにも出ないなどのアプローチは、ライトな層に標準・ターゲットを絞る必要のない鉄板的基盤があるのである。つまり充分なコア層が支えてくれている、ビジネス的構築も成されているとも言える。

それでいて〜真っ向から大衆と勝負するエンターテイメント性も持ち合わせる様は…アングラ・インディーの姿勢を取り続けながらも、メジャーアーティスト・スーパーインディーの世界観である。

全28曲(インスルメンタル2曲は除外)を歌った〜59歳・浜田省吾。

またいつか…機会があれば、その"ゆくえ"に触れてみたいものである。

心地良い一時でした♪

打ち上げ会食 @ パジョン。

  • 2011/05/08 23:47

ファイル 3675-1.jpgファイル 3675-2.jpgファイル 3675-3.jpg

浜省のLIVE後は、K社長と西新【パジョン】で、焼肉を囲み打ち上げ?です(^^)

[J.BOY]の余韻を心地良く引きずりながら〜♪

K社長!今度は長渕 剛のLIVEですね!

浜省を観た後で何ですが………(^^;)

歌の好みは別として……

長渕のLIVEは凄まじいですからね♪

正直…LIVEでの、パフォーマンスも演奏etcも、断然〜長渕に軍配と言わざるを得ません☆

【パジョン】のオーナー様も浜省ファンでして……お許しください!(^^;)

ご馳走さまでした♪

今日のちょいネタ*

  • 2011/05/08 23:45

ファイル 3674-1.jpgファイル 3674-2.jpgファイル 3674-3.jpg

●昨夜(当日)は、朝7時に睡眠につきまして…寝不足のまま、LIVEを迎えます(--;)

●浜省のLIVEの日に、長渕 剛の特別号外が届きました♪ 先日の被災地訪問の際のLIVEなどのレポートです。改めて…こみ上げてくるモノがあります。いまだ〜長渕クラスの大物アーティストで、このようなLIVEをしている人はいません。

●K社長と、浜省LIVE前に…【月や】で醤油ラーメンを。K社長も満足頂けたみたいです(^^)

●浜省LIVEの会場で知ったのですが…何と!このツアーの終盤・10月に、また〜マリンメッセ2daysが決まっているではありますんか(^^;)。K社長は観に行く気満々です(笑)。その頃は、長渕 剛もLIVE決まっているかもしれません。僕もかなりの激務のハズで嫌な予感がします(^^;)。

●何と!浜省のLIVE終演後の帰り際に、焼肉【ハチハチ】のA社長婦人に、バッタリ久しぶりの再会!(^^)。浜省のLIVEを観に行かれていたんですって♪

●浜省のLIVEは圧倒的に、40代ファンが多いです。

●LIVE終了後、外は異常な霧状の黄砂?のようなモノが覆っています。何だったのでしょうか?

●やっと世間的にも、今日で完全にGWがおわりました。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2011年05月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着画像

新着エントリー

大阪〜2日目。
2014/11/11 23:59
千葉・船橋へ!
2014/11/11 23:57
TOKYO入り〜
2014/11/11 23:55
週明け〜出張へ。
2014/11/10 23:57
20年以上ぶりの神座。
2014/11/10 23:56

新着コメント

Re:ランチ in 西中洲
2021/10/27 from CNC Wire Cutting Product Processing
Re:I'm home
2021/10/27 from Artificial Grass Cost
Re:6・東京
2021/10/27 from HYDRAULIC 2F ORFS MALE O-RING / ORFS FEMALE
Re:新☆定食屋
2021/10/27 from HYDRAULIC 5NO NPT MALE / SAE FEMALE ISO 11926-1
Re:心配事…
2021/10/27 from Alumina Grinding Pebbles

Feed