エントリー

2011年01月15日の記事は以下のとおりです。

麺尽くし。

  • 2011/01/15 23:40

ファイル 3187-1.jpgファイル 3187-2.jpg

昨夜〜【フィルミークロス】の営業後に、バキバキの背中をほぐす為に…マッサージに行こうとしたら、早めに店仕舞いをしてまして(^^;)

やむなく…ラーメン&担々麺のハシゴを(苦笑)

その後…またしても缶詰め状態(T_T)

今日の夕方は…ようやく、うどんにありつけました。

昔ながらの〜大名のさぬきうどんで(^^)

ホットします*

6・BARナビ。

  • 2011/01/15 23:36

ファイル 3186-1.jpg

「BARのフード」

BARでの食事というものに、いまだに疑問符を抱くBARマンも少なくないようです。

そもそも…BARは、お酒を飲む場所であるという固定概念が変わらない方には、おつまみ以上は邪道でさえあるのでしょう。

食事を出すお店はダイニングバー。

フードオーダーがドリンクオーダーより数を上まれば、それはもはやBARとは言えない。

などと…唱える方や、それら認識まで持ってらっしゃる方もいます。

しかし…スタイルやジャンルも多様化の様相を呈している時代に、お酒だけでBARを成立させていくというのは困難を極めるモノです。

無論〜お酒以外の必然性も抱くボクも、"今からのBAR"にはフードは必要不可欠だと思っています。

ただ…色んなBARのフードやツマミを見て、口にして〜思うコトも種々様々あります。

中でも、一流のレストランよりも値段が高いパスタを出すなどは、僕的にNGです。

僕は、BARでのフード持論で言わせてもらえれば、それでも…餅は餅屋。野菜は八百屋。という事です。

BARと言いながら、レストランと勝負する感覚や…それ相等の自負をするのはナンセンスと思っています。

ですから…【フィルミークロス】では、それらを分析的に捉えた結果〜伝わりにくい、わかりにくい、"BARのフード"より、つたわりやすい、わかりやすい、"名店とのコラボ裏メニュー"を考察したのです。

これは的を得た〜画期的な案でした☆

メニューに…提携各店の名前とオーナーシェフの名前を出すという他にはない試みでした。

これは実に好評です。

結果…このスタイルの発想は〜「KOZURU祭り」や「KOZURU五星」へと繋がるまでになったコトは言うに及ばず〜巷にこれらの模倣も生まれ出しました。

僕らが打診したコトから実現したこのケースを、逆に提携店が他店に同じケースで請け負う困った現象も起こったりもして(苦笑)。

まぁ…それはさておき、僕は〜"気の利いたセンスありきなツマミ"というのがBARのフードとしてイメージにあります。

一流レストランにはかなわない。

しかし…ありきたりやインスタントではなく、他ではなかなかお目にかかれないモノの〜味とセンスがボクの至上論です。

おわかりいただければ幸いです(^^)

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2011年01月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着画像

新着エントリー

大阪〜2日目。
2014/11/11 23:59
千葉・船橋へ!
2014/11/11 23:57
TOKYO入り〜
2014/11/11 23:55
週明け〜出張へ。
2014/11/10 23:57
20年以上ぶりの神座。
2014/11/10 23:56

新着コメント

Re:"夢の地"…2
2021/09/22 from ブランドコピー代引き
Re:7☆TOKYO
2021/09/22 from Cnc Machined Products Manufacturer
Re:ランチ in 西中洲
2021/09/22 from スーパーコピーブランド
Re:☆青春の1ページ
2021/09/22 from Energy Power Coffee
Re:春吉「兆すけ」にて
2021/09/22 from Electrical Transformer 100va

Feed